マンスリー・ベーシック・ブレッド

2019年は、1月から11月までは食卓でも馴染みがあり、パン作りの基本となるようなベーシック・ブレッド・レッスンを毎月1メニュー組んでいきます。

基本的に毎月第1日曜日(AM)、第3土曜日(PM)はベーシック・ブレッド・レッスンをスケジュールする予定です。

マンスリー・ベーシック・ブレッド予定表


1月 田舎風ちぎりパン        7月 イタリアン・フォカッチャ

2月 テーブルロール         8月 プレッツェル

3月 くるみパン           9月 パン・ド・ミ

4月 バターロール        10月 バタール

5月 コッペパン         11月 クロワッサン

6月 バーガー・バンズ        12月 クリスマス・スペシャル・レッスン


2019年8月のレッスン

酷暑は困りますが、今年ほど夏を待ち遠しく感じたことはありません。ようやく梅雨が明け、夏が来ますね。

 

暑い時期にはお台所仕事も億劫になりがちです。8月は工程が少し短いパンや、暑い時期でも楽しみやすい塩気や爽やかな酸味のあるパンを作ります。

 

メインの自家製酵母は、旨味を感じ、生地が元気の出るオレンジ色になる「ドライ・トマト」の酵母です。

 

また今月のベーシック・ブレッド・レッスンは、プレッツェルを作ります。 

 

スケジュール、レッスンお申し込みはスケジュール/お申し込みのページからどうぞ。

<初級>プレッツェル&キャロット・ケーキ 参加費4,500円

今月のベーシック・ブレッド・レッスンは、「プレッツェル」です。生地の配合がシンプルで成型も簡単なためパン作り初心者の方に向いています。プレッツェルは発酵時間が短くその代わりに茹でるのが特徴です。パン生地の目が詰まったむっちりした食感を楽しみます。表面に岩塩をまぶし塩気があるので、スナックとしてや、お酒のおつまみとしてもよくあうパンです。今回は「腕を組む」という意味のプレッツェル型とサンドイッチ等にもしやすいような編みパンの成型をします。

 

あわせて作るのが酵母で作る「キャロット・ケーキ」です。オリーブ・オイルを使う軽めの食感です。

 

お持ち帰りいただく生地は、プレッツェルの生地をお作りいただきます。

 

*ご用意する生地には自家製酵母を使いお作りしますが、お持ち帰りいただく生地に使う酵母は、ご経験のレベルを考慮して選択させていただきます。


<初中級>スペルト小麦のタバチェ&カシス・ロール 参加費5,000円

スペルト小麦は現在一般的に使われている小麦の原種にあたり、人工的な品種改良がされていない小麦です。栄養価が高く普通小麦よりグルテンの含有量が低いため、アレルギーが発症しにくいと言われています。風味は全粒粉パンのような香ばしさがあり、噛みしめるほどに甘みを感じられるのが特徴です。今回はこのスペルト小麦の風味を楽しむために、シンプルに「煙草入れ」という意味の「タバチェ」を作ります。

 

あわせて作るのは、カシスのピューレを使い爽やかな酸味のあるフィリングを巻き込む「カシス・ロール」を作ります。

 

お持ち帰りいただく生地は、タバチェの生地をお作りいただきます。

 

*ご用意する生地には自家製酵母を使いお作りしますが、お持ち帰りいただく生地に使う酵母は、ご経験のレベルを考慮して選択させていただきます。


<中級>ドライ・トマト酵母 ポモドーロ&グリッシーニ  参加費4,500円

今月の自家製酵母は、久しぶりに、トマト色と旨味を楽しむ「ドライ・トマトの酵母」を扱います。発酵が早く力も強い酵母です。パン生地がオレンジ色になり、トマト風味になるわけではありませんが、旨味成分を感じる濃い味わいになります。今回はこの酵母でオリーブを入れ、トマトのように成型をする「ポモドーロ」を作ります。

 

あわせて作るのは、やはりドライ・トマトの酵母を使い「グリッシーニ」を作ります。クラッカーのような食感のイタリアの細長いパンです。お酒のおつまみとしてや、スープやサラダなどともお楽しみいただけます。

 

お持ち帰りいただく生地は、ポモドーロの生地をお作りいただきます。

このレッスンではドライ・トマト酵母の起こし方もご説明いたします。

 

*こちらのレッスンはパン作り経験者向けの内容となります。