クリスマス・レッスン「シュトーレン&焼餅(シャオピン)」

クリスマス・レッスンで恒例になっています「シュトーレン」レッスンです。

 

ドイツでは12月に入るとクリスマスまで毎日一切れずつ食べて過ごすという習慣があるようです。

 

毎年少しずつレシピを変えています。みなさんに「今年はどういうシュトーレンですか?」とご質問いただくので、いつもあれこれ考えて決めております(^^)

 

そうして考えた2018年のシュトーレンはレーズン酵母でココア生地にワインに漬けたフルーツとナッツとローマジパンを入れました。

 

シュトーレンは焼き上げてからバターをたっぷり塗り、お砂糖でカバーすることで日持ちがよくなります。お砂糖で白くなった様子は生まれたばかりのイエス様がおくるみにくるまれた姿を現しているといいます。今年はその上からさらにココアをふってデコレーションしています。生地のお砂糖を控え、ワイン漬けフィリングの酸味もありスッキリ甘さ控えめのシュトーレンになっています。

 

あわせて作る食事パンは、中国の小型パンの焼餅(シャオピン)です。

そのままでお惣菜と一緒に食べても、ハンバーガーのように真中でスライスして、具材を挟んで食べても美味しいパンです。

 

クリスマスやお正月で残ったローストビーフやチャーシューなどを挟んで召し上がっていただけるかなぁなどとと考え選びました。おせち料理に飽きてそろそろパンが食べたい!などという時にぜひ食べていただきたい焼餅です(^^)

 

クリスマス・レッスンでは一次発酵済の生地を成型、焼成していただきますので、お気軽にシュトーレン作りをご体験いただけます。ご自宅で1本作るために材料を色々揃えるのは大変ですので、ぜひこのような機会を利用いただき、シュトーレン作りをお楽しみください。


0 コメント

ルヴァン種「生食パン&ティラミス・ブレッド」レッスン

12月はクリスマス・レッスンを行っておりますが、ご要望によりまして引き続き11月の自家製酵母レッスンの「生食パン&ティラミス・ブレッド」も行っています。

 

今人気の生食パンですが、トーストせずそのまま食べても美味しい食パンということで、通常の食パンより柔らかくしっとり、甘めでミルキーな風味が特徴と言えます。

 

今回はこの生食パンの風味に加え小麦の風味をみっちり楽しんでいただくために、粉の酵母、ルヴァン種を使います。

 

本来は粉、塩、水から起こしていくのですが、時間がかかることもあるためすでに発酵した酵母液の助けをかりてルヴァン種を作る方法をとります。今回はレーズン酵母の液種を使います。

 

一次発酵も仕上げの発酵も時間がかかりますが、辛抱強く待つと美味しい食パンが出来上がります(^^)

 

あわせて作るのがコーヒーを生地に入れたティラミス風のスイーツ・ブレッド、「ティラミス・ブレッド」を作ります。チーズのフィリングを塗り編み込みをするところが少々手間取りますが、コーヒーブレイクに、朝食に楽しんでいただける1品です。

 

クリスマス・ブレッドには洋酒に漬けたフルーツが入ることが多いのですが、これが苦手という方もいらっしゃるかと思います。そのような方はこちらの「生食パン&ティラミス・ブレッド」をお勧めさせていただきます。どうぞお気軽にご参加ください。


0 コメント

クリスマス・レッスン「パン・デピス&ブトン・ドール」

驚くことに今年ももう最終月、12月に入りました。12月は恒例のクリスマス特別レッスンを行います。

 

日本ではクリスマスというとケーキを楽しむ方がまだまだ多いかと思いますが、パンの国の方々は、クリスマスの時期に食べる特別なパンとともに12月を過ごします。今月はそんなクリスマスの時期ならではのパン作りをお楽しみいただきます。

 

昨日はまずフランスのアルザス地方などで食べられる「香辛料のパン」という意味の「パン・デピス」レッスンをいたしました。

 

本場のパン・デピスはお店ごとにレシピが異なり色々なパン・デピスがあるようですが、今回は6種類のスパイスを使い、ライ麦、ハチミツを豊富に使ったパン・デピスを作ります。日常食べられるパン・デピスはどちらかというと素朴で見た目も地味なものですが、フィリングにナッツやフルーツ、ローマジパンも入れ贅沢に、そしてデコレーションをしてクリスマス向けに華やかな仕上がりにしています(^^)

 

このパン・デピス、作るのはとても簡単なため、レッスン中にみなさんにお作りいただきます。このパンを作る際に大変な点は、これはクリスマス・ブレッドを作る時の共通点なのですが、材料を揃えて下準備をすることです。

 

パン・デピスにおいては、名前の由来になっている「スパイス」を揃える必要があるのですが、使用するといっても1本作るにはどれも1g未満の必要量です。でもそのスパイスの絶妙なバランスによって味が決まるので計量には大変気を使います。

 

まだまだ認知度の低いパン・デピスかと思いますが、スパイス好きな方にはぜひお試しいただきたいパンです。

 

クリスマス・レッスンではシンプルな食事パンをあわせてお作りいただいています。「パン・デピス」レッスンでは、キンポウゲのお花の成型をした「ブトン・ドール」を作ります。4枚の花弁を均等な大きさに中心をずらさずに作るのが難しい成型です。バゲット風の生地で作っていますので、どんなお食事ともあわせて召し上がっていただけます。

 

クリスマス・レッスンでは、私の方でご用意した一次発酵済の生地を成型、焼成いただきます。通常のレッスンとは異なりお持ち帰りいただく生地打ちはいたしませんので、お気軽にご参加いただけます。

 

この季節ならではのパン作りを楽しみにどうぞお気軽にお越しください。


0 コメント

「フォンデュ&ごろっとアップル」レッスン

今月はベーシック・ブレッド・レッスンが「クロワッサン」レッスン、そして自家製酵母のレッスンも中級のため初心者の方向けのレッスンとして、「フォンデュ&ごろっとアップル」を設けました。

 

「フォンデュ」は「双子」「割れ目」という意味になります。生地の中央を綿棒等でくぼませた形が特徴です。バゲット風のシンプルな生地ですので、色々なお食事とあわせやすく、薄くスライスしてサンドイッチにしていただいてもよいパンです。

 

あわせて作るのが、リンゴをフィリングに包み込みリンゴの形に成型する「ごろっとアップル」です。

 

大きめにカットしたリンゴをバターでソテーしたものを入れるため、包む際にバターが生地につくととじ目がつかず開いていまうので、気を付けないといけません。でも初心者の方でもそう難しくなくご挑戦いただけるかと思います。

 

焼成後のリンゴの姿もかわいいのですが、仕上げ発酵後のポテッとした姿がまた案外かわいく、みなさん「かわいいですねぇ!」とおっしゃいます(^^)

 

生地の甘さとリンゴの酸味のバランスを楽しんでいただけるスイーツ・ブレッドです♪

 

まずパン作りをお気軽に体験されてみたいという方には、今月はこちらのレッスンをお勧めさせていただきます。

 

どうぞお気軽にお越しください。


0 コメント

「クロワッサン&アップル・デニッシュ」レッスン

12月はクリスマス特別レッスンのため、11月のベーシック・ブレッド・レッスンは、本年の締めくくりとして、難易度の高いデニッシュ生地のクロワッサンに挑戦いただきます。

 

デニッシュ生地はバターを折り込む作業を繰り返すのですが、このバターを折り込み作業中から発酵までの間に溶かしてしまうと美味しい、そして美しいクロワッサンになりません。

 

バゲット同様いくつも大事なポイントがあるため、パン作りのご経験がいくらかでもおありでないと難しいパンのため、大変恐縮ではありますが、全くの初心者の方には初心者向けの別のレッスンをお勧めさせていただいている次第です。

 

11月はまだまだ気温が高く、バターの折り込み作業時にバターを溶かさないように仕上げるのが不向きな日もあります(^^;)、なるべくみなさんの生地の折り込み作業がしやすくなるように昨年のレシピから何点か変更したのですが、いくらかそれが功を奏しているような気がいたしております(^^)

 

今年は全粒粉を入れザクザクした食感を楽しんでいただける生地になっています。1枚の生地からクロワッサン、バターでソテーしたリンゴをのせたアップル・デニッシュ、そしてあまり生地で簡単クロッカン

をお作りいただきます。

 

クロワッサンにご挑戦いただいた後のご感想は、やはりみなさん「大変ですねぇ、こんなに手間のかかるものだとは知りませんでした。」とおっしゃいます。それでも、手作り、焼き立ては美味しい、作った甲斐がありました!というご感想をいただけると嬉しい限りです。

 

手間のかかるパンなので、年中自分で作るというわけにはいかないと思います。買ってしまった方が楽というのが正直なところではあります。でも、時折でも美味しいバターを使ってデニッシュ生地と格闘しながら好みのデニッシュを作り焼き立てを楽しむと格別な美味しさを感じられるかと思います。

 

パンを作ってはいるものの、まだクロワッサンに挑戦したことないなぁ、いつか挑戦してみたいなぁと思われていらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご参加ください。


0 コメント