「フォンデュ&ごろっとアップル」レッスン

今月はベーシック・ブレッド・レッスンが「クロワッサン」レッスン、そして自家製酵母のレッスンも中級のため初心者の方向けのレッスンとして、「フォンデュ&ごろっとアップル」を設けました。

 

「フォンデュ」は「双子」「割れ目」という意味になります。生地の中央を綿棒等でくぼませた形が特徴です。バゲット風のシンプルな生地ですので、色々なお食事とあわせやすく、薄くスライスしてサンドイッチにしていただいてもよいパンです。

 

あわせて作るのが、リンゴをフィリングに包み込みリンゴの形に成型する「ごろっとアップル」です。

 

大きめにカットしたリンゴをバターでソテーしたものを入れるため、包む際にバターが生地につくととじ目がつかず開いていまうので、気を付けないといけません。でも初心者の方でもそう難しくなくご挑戦いただけるかと思います。

 

焼成後のリンゴの姿もかわいいのですが、仕上げ発酵後のポテッとした姿がまた案外かわいく、みなさん「かわいいですねぇ!」とおっしゃいます(^^)

 

生地の甘さとリンゴの酸味のバランスを楽しんでいただけるスイーツ・ブレッドです♪

 

まずパン作りをお気軽に体験されてみたいという方には、今月はこちらのレッスンをお勧めさせていただきます。

 

どうぞお気軽にお越しください。


0 コメント

「クロワッサン&アップル・デニッシュ」レッスン

12月はクリスマス特別レッスンのため、11月のベーシック・ブレッド・レッスンは、本年の締めくくりとして、難易度の高いデニッシュ生地のクロワッサンに挑戦いただきます。

 

デニッシュ生地はバターを折り込む作業を繰り返すのですが、このバターを折り込み作業中から発酵までの間に溶かしてしまうと美味しい、そして美しいクロワッサンになりません。

 

バゲット同様いくつも大事なポイントがあるため、パン作りのご経験がいくらかでもおありでないと難しいパンのため、大変恐縮ではありますが、全くの初心者の方には初心者向けの別のレッスンをお勧めさせていただいている次第です。

 

11月はまだまだ気温が高く、バターの折り込み作業時にバターを溶かさないように仕上げるのが不向きな日もあります(^^;)、なるべくみなさんの生地の折り込み作業がしやすくなるように昨年のレシピから何点か変更したのですが、いくらかそれが功を奏しているような気がいたしております(^^)

 

今年は全粒粉を入れザクザクした食感を楽しんでいただける生地になっています。1枚の生地からクロワッサン、バターでソテーしたリンゴをのせたアップル・デニッシュ、そしてあまり生地で簡単クロッカン

をお作りいただきます。

 

クロワッサンにご挑戦いただいた後のご感想は、やはりみなさん「大変ですねぇ、こんなに手間のかかるものだとは知りませんでした。」とおっしゃいます。それでも、手作り、焼き立ては美味しい、作った甲斐がありました!というご感想をいただけると嬉しい限りです。

 

手間のかかるパンなので、年中自分で作るというわけにはいかないと思います。買ってしまった方が楽というのが正直なところではあります。でも、時折でも美味しいバターを使ってデニッシュ生地と格闘しながら好みのデニッシュを作り焼き立てを楽しむと格別な美味しさを感じられるかと思います。

 

パンを作ってはいるものの、まだクロワッサンに挑戦したことないなぁ、いつか挑戦してみたいなぁと思われていらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご参加ください。


0 コメント

「バタール&プチ・ベーコン・エピ」レッスン

今月のベーシック・ブレッド・レッスンは

「バタール」を作っています。ベーシック・ブレッド・レッスンといいましても、今年ももう後半、10月、11月は1年の締めくくりの内容となりますので、パン作りが全くの初心者の方には難易度の高いれレッスンとなります。

 

バタールはバゲットよりも短く太めのフランスパンになります。フランスパンはとてもシンプルなパンですので、作るのも簡単なように思われることも多いと思います。ですが、実は生地作りから成型、クープ入れ、焼成にいたるまでポイントがいくつもあり、作るには難易度のとても高いパンになります。

 

今回は全粒粉を入れた、ザクザクした食感を楽しめるバタールにいたしました。パンをよく知らない頃は、フランスパンは皮が硬くて、生地も味がしないし・・・などと思っていましたが、今はシンプルなだけに粉の甘み、美味しさ、香りをストレートに感じられる美味しいパンだと思えるようになりました。

 

まず、前日より前種を作るのですが、その生地の出来上がりの温度によっても最終的な生地の出来上がりにも影響が出てきます。前種の生地の出来上がり温度を25℃以下にする必要があるのですが、それには今の時期はまだまだ気温が高いので、生地を作る前に小麦粉や使用するボールを冷蔵庫で冷やしたり氷水を使用したりします。そんな点についてもレッスンでは細かくお話をいたします。

 

レッスンですので、フランスパンを作る際の細かい注意点はお話いたしますが、私は、大事なことは楽しみながら作ることだと思っています。ご自宅で作る際にはあまり細かいことは気にされず、「フランスパンというものを作ってみる」ということを楽しんでいただきたいと思います。

 

あわせて作っているのが、「プチ・ベーコン・エピ」です。フランスパン風の生地にベーコンを巻き込み、「エピ=麦の穂」に成型したパンです。

 

最初はバランスよく麦の穂を作っていくのが難しく感じますが、慣れるとパチパチとハサミを入れるのが楽しくなる成型です。

 

何度作っても難しいと感じるフランスパンです。でもフランスパンこそ焼き立てが美味しいパンです。ぜひみなさんにも焼き立てのフランスパンを楽しんでいただきたいと思います。(ご自宅で)簡単に作れます!とは申し上げられないのですが、お気軽にフランスパン作りを楽しみにご参加ください。


0 コメント

「けしの実ハート&秋色クグロフ」レッスン

みなさま連休いかがお過ごしでしょうか。

 

10月に入り、半年に一度の開催を目標をしておりますハートブレッドプロジェクトを対象にしたレッスンを行っております。

 

このレッスンでは、ハートの形のパンを作り、いただきました受講料の5%をNPO法人ハートブレッドプロジェクトに寄付させていただくものになります。NPO法人ハートブレッドプロジェクトの詳細については、こちらをご参照ください。

 

 

 

今回はシンプルな食事パンの表面に白と黒のけしの実をつけ、ハートの成型にして焼成したパンを作ります。

 

 

 

あわせて作るのは、かぼちゃと紫芋の風味をつけた秋らしい色合いと風味を意識したクグロフを作ります。

 

暑い季節には、生地作りにしても成型にしてもなるべく手間いらずのパンを作りがちになりますが、ようやく気候も落ち着くこの時期はじっくりパン作りを楽しみたい気持ちになります。(私だけでしょうか?(^^))

 

このレッスンでは、ひとつひとつの作業が難しいというものではありませんが、成型いただく数が多いという感じになります。そのためみなさん無心に集中して成型されています。成型がお好きな方には楽しんでいただけるかと思います。(^^)

 

 

 

日本のあちらこちらで自然災害の被害に見舞われている方々に少しでもこの活動がお役に立つことできればと願っております。

 

 

 

ご賛同いただけましたら大変幸いです。パン作り初心者の方でも楽しんでいただけるかと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

 


0 コメント

10月 ハートブレッドプロジェクト・レッスンを行います

来月10月のレッスンの試作も終わり、内容をHPに更新いたしました。

 

来月は半年に一度の開催を目標をしておりますハートブレッドプロジェクトを対象にしたレッスンを行います。このレッスンでは、ハートの形のパンを作り、いただきました受講料の5%をNPO法人ハートブレッドプロジェクトに寄付させていただくものになります。NPO法人ハートブレッドプロジェクトの詳細については、こちらをご参照ください。

 

今回はシンプルな食事パンの表面に白と黒のけしの実をつけ、ハートの成型にして焼成したパンを作ります。生地は同じでもつけるトッピング、白と黒のけしの実の違いにより風味も変わるということを感じていただけるかと思います。シンプルな食事パンですので、どんなお食事とでも楽しんでいただけるパンです。

 

あわせて作るのは、かぼちゃと紫芋の風味をつけた秋らしい色合いと風味を意識したクグロフを作ります。

 

日本のあちらこちらで自然災害の被害に見舞われている方々に少しでもこの活動がお役に立つことできればと願っております。

 

ご賛同いただけましたら大変幸いです。パン作り初心者の方でも楽しんでいただけるかと思います。どうぞお気軽にご参加ください。


0 コメント